トップページ概要看護第一学科看護第二学科学校行事入試案内

概要

学校長からのメッセージ

 当校は、1968年に設立され、まもなく設立50周年を迎える歴史ある学校です。学校の理念は、「人間らしく共に生きるために」という社会福祉の理念に基づき、ヒューマニズムの精神を建学の理念とし、いろいろな角度から健康生活への援助ができる看護師の育成を目指すことです。

 私たち教職員は「学生一人ひとりを尊重し、学習ニーズを満たした看護基礎教育を提供する」ことをビジョンに持ち、「看護師になる!」ことを目的に入学された学生さんの支援をさせていただいております。

 当校の学生さんたちは、看護学の学習のほかに、学内や学外のボランティアや催し物など何事にも一生懸命に取り組んでくれています。看護学生としてできることは、まだまだ些細なことかもしれません。しかし、社会の中で役立つ自分を見出せることは、すばらしいと思います。

 厚木看護専門学校をより知っていただくために、今年は、オープンキャンパスのほかに学校見学会を設けました。教職員一同、皆さんの目標である「看護師になる!」に向けて、強力な支援をさせていただきます。お待ちしています。

                                                                                                                                                                

教育理念

社会福祉法人神奈川県総合リハビリテーション事業団が設置経営する厚木看護専門学校として、「人間らしく共に生きるために」という社会福祉の理念に基づき、ヒューマニズムの精神を建学の理念とし、身体的・精神的・社会的にいろいろな角度から健康生活への援助ができる自律した看護師の育成をめざしています。 

                                        教育課程.jpg 

 

あゆみ

昭和43年4月に社会福祉法人神奈川県老人福祉事業団厚木准看護婦学校として開校し、昭和47年4月には、准看護婦の進学への道を拓くために、看護第二学科を、さらに昭和57年には質の高いリハビリテーション医療への対応のために看護第一学科を増設し、社会福祉法人神奈川県総合リハビリテーション事業団及び県央地区の医療の担い手である看護職員の養成を目的として、その役割を果たしております。特にリハビリテーションの理念を実践にうつし、成果のある看護基礎教育を実施し、21世紀の看護を担う若きナースを送りだしております。

教育目的

本校は、学校教育法及び保健師助産師看護師法の規定に基づき、看護師として必要な知識及び技術を習得させ、併せて一般教養の向上をはかり有能な人材を育成する。

教育目標

(1)個人・家族・社会における人間の生活に焦点をあて、看護の視点から現代社会の健康ニーズを理解するために、必要な知識と感性、コミュニケーション能力を培い、自由で心豊かな人間形成を目指す。
(2)人々の多様な価値観を認識し、人間の生命、個人の尊厳及び権利を尊重できる責任を自覚し、専門職業人として倫理に基づいた看護を実践できる。
(3)科学的根拠に基づき、健康に関した諸問題を解決できる看護実践能力を養う。
(4)最新の知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養い、主体的に看護を探求し続けていく姿勢を養う。
(5)保健・医療・福祉について考えられる基礎を学び、チーム医療を実践するとともに、人々が社会的資源を活用できるよう、それらを調整する為の基礎的能力を養う。

卒業時に期待する学生の能力

(1)看護の専門的知識・技術を身につける。
(2)人間の生命・個人の尊厳及び権利を尊重できる。
(3)看護師の役割を認識し、責任ある行動ができる。
(4)学習を継続する必要性を認識し、努力できる。
(5)一般教養を身につけ、高める努力ができる。
(6)人間関係を発展させる基礎的能力を身につける。

課程、学科、学生定員等

■看護第一学科
 ・課程名 :医療専門課程
 ・学科名 :看護第一学科 3年課程 全日制
 ・定員   :80名(1学年の定員)
 ・総定員 :240名

 ■看護第二学科
 ・課程名 :医療専門課程
 ・学科名 :看護第二学科 2年課程 定時制(修業年限3年)
 ・定員   :40名(1学年の定員)
 ・総定員 :120名  

  ※看護第二学科の開校形態(通学日、時間)について 詳しくは ☞ こちら

主な実習施設

神奈川リハビリテーション病院
厚木市立病院
伊勢原協同病院
愛光病院
東名厚木病院
秦野赤十字病院
海老名総合病院
大和市立病院

県内の訪問看護ステーション、厚木市内の保育所 など

看護教員養成課程の教育実習生の受け入れ

当校では教育実習生の受け入れを行っています。主な受け入れ実績校は次のとおりです。

 ① 神奈川県立保健福祉大学 実践教育センター

 ② 環太平洋大学

 

教育訓練給付制度

当校の看護第一学科と看護第二学科は、厚生労働大臣指定の教育訓練講座に指定されております。

【お知らせ】

看護第一学科は、平成30年1月30日付で専門実践教育訓練講座の再指定を受けました。

 平成30年度入学生で、支給対象となる方は、平成30年2月までに最寄りのハローワークにて「受給資格確認申請」を行うことで、在学中から給付金の受領が可能です。

<受給資格確認申請に必要な項目>

 ①指定講座番号:64023-151001-3

 ②講座の名称: 看護師養成 看護第一学科

 ③受講開始年月日:  2018年4月6日

 ④受講修了予定年月日:2021年3月31日

 手続き方法等詳しいことは最寄りのハローワークへお問合せください。

 

看護第二学科につきましては、引き続き、一般教育訓練給付指定講座であることを申し添えます。(卒業時に給付申請、給付金を受領)

 詳細 ☞こちら

厚木看護専門学校のオリジナルキャラクターを紹介します! 名前は「あっぴぃ」です   よろしくぴぃ!

厚看キャラクター校章入りnew(名刺用300dpi5cm).jpg

新規レイヤー
新規レイヤー

Facebook

Facebook始めました。

<span style="font-size: 1.5em;"><span style="color: #ffffff;"><span style="background-color: #3366ff;"><span style="font-size: 1em;">Facebook</span></span></span></span>

「職業実践専門課程」の認可について

当校は、2017年2月24日付で文部科学大臣より認可を受けました。

 職業実践専門課程の詳細 ☞こちら

教育課程編成委員会、学校関係者評価、学校関係者評価会議の報告

 平成27年度より教育課程編成委員会、学校関係者評価、学校関係者評価会議を開催いたしました。

 

1 『教育課程編成委員会』、『学校関係者評価及び学校関係者評価会議』とは

  「教育課程編成委員」は、企業・業界団体等との連携により、必要となる最新の知識・技術・技能を反映するため、企業・業界団体からの意見を十分にいかし、カリキュラムの改善等の教育課程の編成を行うことにあります。

  「学校関係者評価及び学校関係者評価会議」は、学校が行っている自己評価の客観性・透明性を高めることを目的とし外部委員による評価を実施し、その結果について会議で報告するものです。

 

2 開催概要

 1)教育課程編成委員会

     開催日:平成27年11月10日(火)  教育課程編成委員会(第1回)

     参加者:厚木医師会長、厚木病院協会副会長、実習施設看護部代表(秦野赤十字病院看護部長)、

                    厚木市市民健康部長、学識経験者(県立厚木東高等学校校長)

         事業団理事長、常務理事、学校長、副学校長、看護第一学科長、看護第二学科長、教員4名   

                        計15名で開催

     内 容:①教育理念・教育目的・教育目標・卒業時に期待する能力

          ②カリキュラム構築に関する考え方

          ③授業科目及び履修時間数 について報告

     議事録は こちら

            -----------------------------------------------------------------------------------------------

      開催日:平成28年7月6日(水)  教育課程編成委員会(第2回)

     参加者:厚木医師会長、厚木病院協会副会長、看護協会県央支部長、

       実習施設看護部代表(秦野赤十字病院看護部長)、実習施設看護部代表(東名厚木病院看護部長)、

       厚木市市民健康部長、学識経験者(県立厚木東高等学校校長)

       学校長、副学校長、看護第一学科長、看護第二学科長、教員3名

                          計14名で開催

     内 容:①前回のご意見を基にした取り組み状況の報告

          ②3年次の実習アンケートを基にカリキュラムを評価

          ③卒業後のアンケートを基にカリキュラムを評価

     議事録は こちら

     -----------------------------------------------------------------------------------------------

     開催日:平成28年11月15日(火)  教育課程編成委員会(第3回)

     参加者:厚木医師会長、厚木病院協会副会長、看護協会県央支部長、

       実習施設看護部代表(秦野赤十字病院看護部長)、実習施設看護部代表(東名厚木病院看護部長)、

       厚木市市民健康部長、学識経験者(県立厚木東高等学校校長)

       学校長、総務課長、看護第一学科長、看護第二学科長、教員3名

                          計14名で開催

     内 容:①前回のご意見と取り組み状況の報告

          ②倫理教育に関連したカリキュラムの運営状況

     議事録は こちら

     -----------------------------------------------------------------------------------------------

     開催日:平成29年7月4日(火)  教育課程編成委員会(第4回)

     参加者:厚木医師会長、厚木病院協会副会長、看護協会県央支部理事、

       実習施設看護部代表(秦野赤十字病院看護部長)、実習施設看護部代表(東名厚木病院看護部長)、

       厚木市市民健康部長、学識経験者(県立厚木東高等学校校長)

       学校長、副学校長、総務課長、看護第一学科長、看護第二学科長、教員3名

                          計15名で開催

     内 容:①前回のご意見と取り組み状況の報告

          ②地域包括ケアシステムに対応したカリキュラム編成に向けて

     議事録は こちら

     -----------------------------------------------------------------------------------------------

     開催日:平成29年11月14日(火)  教育課程編成委員会(第5回)

     参加者:厚木病院協会副会長、看護協会県央支部理事、実習施設看護部代表(秦野赤十字病院看護部長)、

       実習施設看護部代表(東名厚木病院看護部長)、厚木市市民健康部長、

       学校長、副学校長、総務課長、看護第一学科長、看護第二学科長、教員3名

                          計13名で開催

     内 容:①カリキュラムの改正を見据えた「教育目標」「卒業時に期待する能力」の再検討

     議事録は こちら

 

 2)学校関係者評価

    開催日:平成27年12月21日(月) 学校関係者評価(第1回)

    参加者:事業団事務局長、神奈川リハビリテーション病院看護局長、七沢リハビリテーション病院看護局長、

                    学校長、副学校長、看護第二学科長 教職員2名

                       計8名で開催

            議事録は こちら

    -----------------------------------------------------------------------------------------------

    開催日:平成28年12月21日(水) 学校関係者評価(第2回)

    参加者:事業団事務局長、神奈川リハビリテーション病院看護局長、七沢リハビリテーション病院看護局長、

                    学校長、総務課長、看護第二学科長 教職員2名

                       計8名で開催

    議事録は こちら 

 自己評価結果を踏まえ該当学校の関係者が行う「学校関係者評価」を実施いたしました。より客観的に自己評価の結果及びそれをふまえた今後の改善方策について評価し、協議することが出来ました。

 教職員による自己点検の結果も含めて今後、公表してまいります。

 

    平成28年度の教職員による自己点検自己評価の結果は こちら

 

 3)学校関係者評価会議

    開催日:平成28年9月8日(木)  学校関係者評価会議(第1回)

    参加者:企業等委員(リハビリテーション事業団事務局長)、企業等委員(厚木市立病院副院長)、

       企業等委員(愛光病院看護科長)、地域関係者(松枝地区自治会長)、学識経験者(教育学講師)、

       卒業生代表(愛光病院看護科長)、保護者(1年生)、保護者(3年生)、

       学校長、副学校長、看護第二学科長 教職員2名

        計15名で開催

    内 容:①自己点検・自己評価 平成27年度の結果と取り組み(報告)

         ②厚木看護専門学校「卒業時に期待される能力」の育成・支援について

   議事録は こちら

    -----------------------------------------------------------------------------------------------

    開催日:平成29年9月13日(水)  学校関係者評価会議(第2回)

    参加者:企業等委員(リハビリテーション事業団事務局長)、企業等委員(厚木市立病院副院長)、

       企業等委員(神奈川リハビリテーション病院副病院長)、企業等委員(愛光病院看護科長)、

       地域関係者(松枝地区自治会長)、学識経験者(昭和大学教授)、講師(教育学講師)、

       卒業生代表(愛光病院看護科長)、保護者(2年生)、保護者(2年生)、

       学校長、副学校長、学校総務課長、看護第一学科長、看護第二学科長、教職員3名

        計18名で開催

    内 容:①自己点検・自己評価 平成28年度の結果と取り組み(報告)

         ②看護師としての態度育成

   議事録は こちら

 

   2017年度の教職員による自己点検自己評価の結果は こちら

 

   

 

 

このページのTOPへ
概要
証明書の発行について
交通案内
bn04[003].png
お問い合わせ
img-toi2.jpg

cen-ico-small02.png

神奈川県リハビリテーションセンター
神奈川リハビリテーション病院
看護局
七沢学園
七沢療育園
七沢自立支援ホーム
地域リハビリテーション支援センター
研究部