厚木看護専門学校

文字サイズ
看護への情熱がみがかれていく。

あつかんコラム

3年生の可能性を信じて

2021.04.21

4月から3年生チームの担当となりました。昨年はコロナ禍で思うように実習にも行けず、オンライン授業で登校もできなかった状況があります。そんな中、これから始まる実習に不安でいっぱいかと思いきや、自主的にクラス委員を決定し、クラス目標を「一味同心」にしたいと報告に来たときは、流石3年生と嬉しくなりました。教員からも「早く実習行きたい」「患者さんと関わりたい」と言っていると聞き、また、就職の面接練習履歴書の確認など積極的に相談してくる姿を見て、不安よりも必死さ満ち溢れ、真面目で前向きであると確信しました。 

3年生のクラスカラーはパープルです。1人ひとりは個性的でぶどうのような一粒ですが、ぶどうの房のよう団結し、この1年間乗り越えられると信じています。巣立つ準備をしている学生の可能性信じて私たちは見守り、サポートをしてこうと思います。私もパープルの文具を揃え、心は3年生と共に学び、共に考え、共に喜び、共に苦しむ覚悟で、そして最後は共に笑い合えるよう突き進みたいと思います。そう思わせてくれる学生に感謝して今日も頑張ります。 

教員 中野 志津江

Page Top