厚木看護専門学校

文字サイズ
看護への情熱がみがかれていく。

お知らせ

新年を迎えて

2022.01.01

新年を迎えて

2022.1.1

 

新年明けましておめでとうございます。

2000年代に突入し早22年。団塊の世代が75歳となる2025年問題ももう目前です。コロナ禍を脱出しきれない状況が続いていますが、コロナとの共存を前提とした社会が定着しつつあるとも感じます。

さて、今年は寅年です。寅(虎)は「決断力と才知」の象徴とされているそうです。昨年の干支である丑(牛)は「忍耐」や「我慢」の象徴でしたが、寅は強い情熱で前に進む干支ということから、様々な面で前進する2022年であってほしいと願います。

 

2022年は4月に入学する41回生から新しいカリキュラムに変わります。これは、国の第5次看護基礎教育カリキュラム改正に伴うもので、社会の変化に応じて求められる看護は確実に変化しています。本校のカリキュラムにおいても、地域・在宅看護論、臨床判断能力向上に向けた技術教育、外国語科目、情報関連科目の時間増と内容の充実、家族論、多職種連携、キャリアデザイン等を新たに盛り込みました。ICT環境の整備についても着実に進め、電子教科書も全学年での使用となります。信頼される看護師を育て地域へ送り出せるよう、学生の学びの支援にさらに尽力していきたいと思います。

本年も、講師、実習施設、関連機関、地域、保護者の皆様のご協力をいただきながら、本校の役割を果たすべく取り組んで参ります。引き続き本校の教育活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

学校長 武藤 和恵

Page Top