厚木看護専門学校

文字サイズ
看護への情熱がみがかれていく。

あつかんコラム

観察するのうりょく(クセ)

2021.08.18

突然ですが、「看護は観察から始まり観察で終わる」というナイチンゲールの考え方が看護界では有名です。

観察について私は、単に「患者をみる」だけではなく、患者をみることによって実際に目に見えていることと同時に、患者が声に出していない状態や思いなどを事実から察することだと捉えています。

私は、勤務中ではない街中で気づくと周りの人を観察している時があり、病院で勤務していた経験から自然と観察する能力(クセ)がついていたように思います。

全く知らない人が明るい表情で歩いているのを見ると「良いことがあったのかな」と勝手に幸せのお裾分けをもらったり、顔色の悪い人がいると「倒れないかな」と心配をしてみたり。実際に、電車の中で顔色の悪い人の手助けをすることができたときもありました。

「観察する」ことは、人に興味を持つということに繋がっていると考えます。見られて嫌な思いをしないように配慮は必要ですが、人に興味を持ち「必要な時に手助けができる」という能力(クセ)を身につけられることは、看護師の隠れた特権かもしれません。

教員 櫛谷 由佳

Page Top